主催公演・イベント

  • 主催公演

2021年09月01日(水)~2021年09月08日(水)

パトリアARTシリーズVol.11

牛島智子作品展「とりのメウオのメそして永常さん」

今年のパトリアARTシリーズは、八女在住の美術家・牛島智子作品展を開催します。
 
タイトルの“永常さん”とは、日田出身の農学者、大倉永常のこと。
牛島智子は、脈々と受け継がれている八女の伝統工芸に着想を得て、
蝋の原料である櫨(はぜ)の栽培や和蝋・燭台づくりも手掛けます。
 
美術も衣食住にかかわることも「とにかく動いてみる手を動かしてみる」
そんな彼女がつくる作品たちは、まるで彼女のようにいつでも軽やかで自然体。
 
本展では、江戸時代全国を駆け農業の発展に寄与した
永常さんとその旅を、彼女独自の世界観で表現します。
 
色も形もさまざまな作品がひとつの空間に同居して表現される
インスタレーションをぜひ、歩いて、見て、楽しんでください。

公演概要

開催日
2021年09月01日(水)~2021年09月08日(水)
時間
10:00~17:00
※月曜休館
会場
ギャラリー
関連イベント
【ワークショップ】
「和紙を縫ってみる」
八女和紙にコンニャク糊引きした三角形の紙を4等分に折って、
裏から針と糸で縫い、1辺が12cm程の和紙の正4面体を作ります。
9月4日(土)11:00-12:00/9月5日(日)14:00-15:00
参加費 500円
定員 20名
 
 
「ろう紙を作ってみる」
厚手の八女和紙を好きな形に切って貼って描いて、蝋に浸け乾かし、
和紙の中まで木蝋を浸透させ、吊るせるようにします。
9月4日(土)14:00-15:00/9月5日(日)11:00-12:00
参加費 500円
定員 20名
 
 
○お申し込みは、会館までお電話ください
 TEL:0973-25-5000
 
【パフォーマンス】
「もの・からだ・おと・ひた」
日 時 2021年9月5日(日)16:00から16:20
会 場 日田市民文化会館「パトリア日田」ギャラリー
出 演 ハエちち:宮原一枝・徳永恭子(ダンス)
          徳永昭夫(パフォーマンス)
      山内桂(サックス)
入場料 無 料
 
主催
日田市民文化会館「パトリア日田」
企画制作
廣瀨 凪里(藝術新社 漂泊)
後援
大分県、日田市、日田市教育委員会、大分県民芸術文化祭実行委員会
NPO法人大分県芸振、大分合同新聞社、西日本新聞社、ゆふいんラヂオ局

チケット情報

チケット料金
入場無料
新型コロナウイルス感染拡大防止策へのご協力のお願い
※当日は、会場へ向かう前に検温をお願いいたします。37.5℃以上の発熱がある場合や、平常時より体温が高い場合にはご来場をご遠慮ください。※マスクの着用をお願いいたします。マスクを着用していない方のご入場はお断りいたします。※「咳エチケット」「手洗い・手指消毒」の徹底にご協力ください。※ご観覧には、代表者の氏名と連絡先のご提示が必要になります。※新型コロナウイルス感染状況により、やむを得ず開催内容が変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

作家プロフィール

牛島 智子(うしじま・ともこ)

美術家。1958年福岡県生まれ八女市在住。
1981年九州産業大学芸術学部美術学科卒業。1981年よりBゼミスクール(横浜にあった現代美術の研究所)修了。1980年よりグループ展、個展でインスタレーション、変形キャンバス等の作品発表を始める。1993年ACCのグランティを得てトライアングルAIR(ニューヨーク州パインプレインズ)に参加。大分県内では由布院駅アートホールにて「歩く動物」2009年、「青玉ラムネ・カメラオブスキュラ」2018年の個展がある。

お問い合わせ

日田市民文化会館「パトリア日田」
〒877-0016 大分県日田市三本松一丁目8番11号 TEL:0973-25-5000 FAX:0973-25-5001

PAGETOP